自転車修理 > タイヤ交換か、買い換えるか、で悩んでます・・・

古い自転車なのでタイヤ交換するか、買い換えるか悩んでます・・・

  • 自転車修理で修理料金が高くなる修理はタイヤ・チューブ同時交換です。サイクル北斗の修理料金の場合、一般車(ママチャリ・シティ車)で4500円になります。
  • 前輪と後輪を同時に交換するとなると、低価格自転車が買えるくらいの自転車修理料金になってしまうので、タイヤ交換するべきか、買替えるべきか悩むところです。
    この場合の判断ポイントは以下のようになります。
  • ほとんどの自転車は後輪が先に寿命になります。そのため、1回の修理にかかる修理料金は、低価格自転車の購入代金の1/2程度になります。
  • 低価格自転車は「安く売るため」に徹底的にコスト削減を行っていますので、品質や耐久性は「それなり」です。通勤や通学で毎日乗る方にはあまりおすすめできません。
    「安物買いの銭失い」という言葉は、自転車にもあてはまります。特に、低価格自転車のタイヤの耐久性は著しく低いので、車体に付いてきた「おまけ」だと思ってください。
  • 修理が必要な部分がタイヤ以外にも数か所あり、かつ修理料金がかかるのであれば新しい自転車に買い換える事を強くおすすめします。とくに車体(フレーム)や車輪(リム)に歪みや損傷がある場合は買い換えをおすすめします。
  • 新しい自転車に買い換えるときの注意点は、今乗っている自転車よりもいい自転車(=価格の高い自転車)に買い換えることです。修理するより安いから、という理由で買い替えた場合、すぐにまた購入代金と同じくらいの修理料金がかかることになりますので・・・
  • 修理するか、買い換えるかで悩んでいるときも、一度「サイクル北斗」の自転車修理出張サービスをご利用ください。
    当店が出張修理に伺ったときは必ず修理しなければならない、ということはありません。お客様の自転車の状態を確認して、修理すべきか、買い換えかのアドバイスをいたしますので、最終的にはお客様の方でご判断ください。
    (ただし、修理を選択されなかった場合は、診断料として1,000円のご負担をお願いします。)
自転車修理 > 修理したのにすぐパンクしたのはなぜ?

この前パンク修理したのに、すぐまたパンクしたけど、なぜ?

  • パンク修理をしたのに、すぐにパンクした、というお客様からのお電話を度々いただきます。この「パンクが再発した」原因も、いくつかあります。
    1.パンク修理でチューブに貼ったパッチの接着不良ではがれた場合
    2.運悪く、またなにか刺さり物を踏んでしまった場合
    3.前回のパンク修理のときに、タイヤに刺さっていたガラス片、針金、画びょうなどが取り除けていなかった場合
    4.すでにチューブが摺れたり伸びていたため、本来であればチューブ交換すべき修理を、パンク修理で対応した場合
  • いずれにしても、再修理は必要になりますが、すでにパッチを貼った場所に重ねてパッチを貼ると、それこそ剥がれやすくなるので、おすすめできません。パンクが再発したときは、ほとんどの場合はチューブ交換が必要になります。
  • このため「サイクル北斗」はパンクしたお客様の自転車修理に伺ったとき、必ずパンクの状態を確認して、パンク修理で直るのか、チューブ交換やタイヤ交換をした方がよいのかを診断し、修理内容と修理料金を説明してから自転車修理をします。
  • パンクを直すのに、修理料金が安いから、という理由でパッチを貼る「パンク修理」を優先することはありません。これでは、パンク修理を繰り返すことになり、かえって手間や自転車修理の料金が余計にかかってしまうからです。

ご利用前にお読みください

  • パンクの状態によっては、チューブ交換やタイヤ交換が必要な場合があります。
  • ご訪問時にまず故障の状態を確認し、修理内容と修理料金についてご説明します。
  • 訪問後、お客様の都合で修理をしない場合は、診断料として500円を頂いております。

自転車修理の出張エリア

札幌の自転車修理・パンク修理の出張エリア

自転車修理の出張受付TEL

札幌の自転車修理・パンク修理は出張します

自転車修理の料金

部品代・作業料
出張料・消費税込
ママチャリ
(一般車)
クロス車
MTB等
パンク修理1300円1500円
チューブ交換3000円3500円
タイヤとチュ
ーブの同時交換
4800円6500円
冬季保管
(11月~3月)
4500円(引取り&
引渡し出張料を含む。)
【取扱いカード】

詳しくは修理料金表をご覧ください。

じてんしゃ修理ブログ

じてんしゃ修理ブログ