パンクあれこれ > チューブの役割について

自転車のチューブの役割

  • 自転車に弾性(衝撃吸収能力)を与えるためにタイヤの中に入れて空気圧で膨らませる薄いゴム製の円環を自転車タイヤ用チューブといいます。
  • 自動車のタイヤはチューブレスとなりましたが、自転車のタイヤはまだまだチューブ式が主流です。そのため、走行中のさまざまな要因ににより穴が空いてしまったときにパンクしてしまうのです。
  • チューブの材質にはブチルゴムまたは天然ゴムがありますが、一般の自転車のほとんどは、ブチルゴムという合成ゴムが使われています。

チューブバルブの種類

    チューブには空気を入れるためのバルブ(弁)が付いていて、これには次の3種類があります。

    英式バルブ

      英式バルブ
    • コアおよび虫ゴムを使う簡易バルブで、シティ車のタイヤのチューブのほとんどはこのバルブが使われています。
    • コアの空気穴がある部分に虫ゴムをかぶせて空気の逆流を防止していますので、この虫ゴムが劣化すると、エア漏れが生じます。
    • 虫ゴムは定期的に交換する必要があります。

    仏式バルブ

      仏式バルブ
    • 他の形式のバルブに比べて本体が細いため軽量で、リムのバルブ穴が小さくできることから、クロスバイクやロードレーサーなどタイヤの細い自転車に使われます。
    • 高圧の充填が可能なうえ、空気圧の調整・管理が容易であることから、競技・スポーツ用自転車で使われています。

    米式バルブ

      米式バルブ
    • マウンテンバイクやBMXなど激しいライディングを想定した自転車のチューブに多く使われています。
    • 自動車のタイヤに使われているバルブと同じ型式のため、自動車の空気入れが使えます。
    • 構造が単純ですが空気が漏れにくいという特徴があります。バルブ穴は英式バルブと同じですので、互換性があります。
パンクあれこれ > チューブの役割について

じてんしゃ修理ブログ

じてんしゃ修理ブログ

自転車修理の出張エリア

札幌のパンク修理・自転車修理の出張エリア

自転車修理の料金

部品代・作業料
出張料・消費税込
ママチャリ
(一般車)
クロス車
MTB等
パンク修理1300円1500円
チューブ交換3000円3500円
タイヤとチュ
ーブの同時交換
4800円6500円
冬季保管
(11月~3月)
4500円(引取り&
引渡し出張料を含む。)
【取扱いカード】

詳しくは修理料金表をご覧ください。

ご利用前にお読みください

  • パンクの状態によっては、チューブ交換やタイヤ交換が必要な場合があります。
  • ご訪問時にまず故障の状態を確認し、修理内容と修理料金についてご説明します。
  • 訪問後、お客様の都合で修理をしない場合は、診断料として500円を頂いております。

自転車修理の出張受付TEL

札幌の自転車修理・パンク修理は出張します